腰痛症状 お尻痛の36歳男性

腰痛 お尻痛が座禅でつらい

京都府京都市の36歳男性。半年前からお尻痛が発症しました。

お尻奥〜鼠蹊部に痛みが出ます。特に座禅をすると痛みが増して非常に辛くなります。

整形外科での検査ではヘルニアもなく、ロキソニンの処方ですが痛みは無くなりません。

週1ペースで3回の施術を受けられて、現状は痛みレベルが40%に軽減しています。

日常生活では起きなくなりましたが、座禅の時はまだ辛さがあります。

まだ軽減するでしょう。一緒に改善頑張りましょう。

 

腰痛 お尻痛の原因

整形での検査で異常がなければ、自律神経の緊張が原因です。

激しい重労働・スポーツをされてないので筋肉疲労ではありません。

この場合は自律神経の緊張を取り除く事で改善が進みます。

自律神経の緊張が原因の場合は、マッサージや指圧で悪化する事があります。

ご注意下さい。

 

腰痛 お尻痛の対処法

この方の場合は、腰~太もも~ふくらはぎ~足裏に強い自律神経の緊張がありました。

その緊張を取り除いて行くとお尻痛は軽減して行きました。

当整体院は自律神経の緊張をピンポイントに取り除く療法ですので、お尻痛がダイレクトに改善して行きます。

お悩みの方は「腰痛専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。お尻痛に特化した独自療法です。

 

京都 春の花 #オステオスペルマム

 

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ ブログランキングならblogram
ページ上部へ戻る