群発頭痛 原因 ストレスについて

群発頭痛の原因

群発頭痛の原因は、ストレスによる自律神経の緊張が原因です。

ストレスとは我慢の感情(頭の中で考えるネガティブな思考)で起きます。

ストレスが掛かると自律神経を通して体のあちこちに緊張を作ります。

ストレスが繰り返しかかると自律神経の緊張は徐々に蓄積していきます。

一度蓄積した自律神経の緊張は、寝ても休息しても無くなる事はありません。

自律神経の緊張の蓄積が群発頭痛のエネルギー源です。

自律神経の緊張

ストレスによる自律神経の緊張は体のあちこちに出来ます。

肩甲骨・胸・背中・内蔵・骨盤内・太もも・ふくらはぎ・腕などです。

群発頭痛の方の場合は特定の部位に緊張が蓄積して行きます。

 

群発頭痛とストレス

人はストレスというと今のストレスを考えますが

群発頭痛は発症する前のストレスの蓄積で起きています。

1~2年のストレスではありません。

5~10年という長いスパンで蓄積した自律神経の緊張が原因です。

 

群発頭痛と炎症

自律神経の緊張は常に炎症を出しています。

群発頭痛の方は、その炎症をひたすら溜めて行きます。

炎症が満タンになると体は炎症による劣化を防ぐために

溜まった炎症を放出します、それが群発頭痛の痛みです。

群発頭痛はリピートする

蓄積した自律神経の緊張は常に炎症を出し続けています。

炎症が満タンになると痛みとして放出されます。

溜まった炎症が出尽くすと群発頭痛は終息します。

しかし、自律神経の緊張がある限り再び炎症は溜まって行きます。

この様にして群発頭痛は周期的にやってきます。

 

群発期の対処法

群発頭痛の方は自律神経の緊張から出る炎症を溜め込むタイプです。

炎症が体の中に満タン溜まると一気に放出します。

群発期に来訪頂くと、溜まった炎症を繰り返し取り除きます。

炎症を減らした分だけ、頭痛の痛みレベルは下がります。

早く群発頭痛が終息する場合もあります。

 

群発頭痛の縮小

施術では炎症だけではなく大元の自律神経の緊張も取り除きます。

自律神経の緊張が減る事で、そこから出る炎症も減ります。

そのため溜まる炎症が少なくなるので次回の群発頭痛が縮小します。

群発頭痛の終結

医療期間では「完治」といいますが、当整体院では「終結」としております。

群発頭痛を起こしている自律神経の緊張は過去に溜まった緊張です。

取れば取っただけ減って行きます。

自律神経の緊張を取り切れた時、目奥の激痛は出なくなります。

当整体院の療法は、群発頭痛の終結を目指す事が可能です。

 

独自の考え方

上記の内容は当整体院の独自の考え方です。

医学的・科学的根拠はありません。

しかし、自律神経の「緊張と炎症」を取り除くと事実として群発頭痛が改善します。

根拠は無くとも、核心部分からは外れていないと考えています。

 

群発頭痛の方へ

群発頭痛にお悩みの方は「群発頭痛専科」をご覧下さい。

群発頭痛の日々の症例は「群発頭痛改善日記」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。群発頭痛に特化した独自療法です。

 

 

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ ブログランキングならblogram
ページ上部へ戻る