眼精疲労 焦点合わない 大阪市42歳男性

物が二重に見える

大阪府大阪市の42歳男性。40代から眼精疲労が発症しました。

パソコンでで焦点が合わない、二重に見える、目の周り痛、視野の欠損が度々起きます。

眼科の検査は異常無し。緑内障でもありません。

週1ペースで5回の施術で眼精疲労が50%に軽減しています。

まだ改善は進むでしょう。一緒に頑張りましょう。

 

目の指圧はしてはいけません

この方の場合は、数年におよぶ目の指圧が眼精疲労を悪化させていました。

目は自律神経が100%管理している部位です。

目に強い指圧をすると刺激で目の自律神経はどんどん緊張を高めて行きます。

目の指圧はその時は気持ち良いのですが、眼精疲労は悪化して行きます。

当整体院は目の自律神経の緊張を無痛の療法で取り除いて行きます。

お悩みの方は「眼精疲労専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。眼精疲労に特化した独自療法です。

京都 #護王神社 イノシシの#手水鉢

眼精疲労は原因がはっきりせず治りにくい症状です。眼科での目薬治療、マッサージ、ツボ指圧、ストレッチ、サプリメント、鍼治療、ヨガで治らない場合は当整体院が有効です。原因をチェックして適切な対処を致します。肩こり、頭痛、めまい、吐き気、眠気も一緒に改善します。ビタミン剤は効果がありますが、マッサージ機、解消グッズなどの使用はお薦めしません。眼精疲労、目の痛みで堺市、岸和田市、豊中市からも来訪頂いております。

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ ブログランキングならblogram
ページ上部へ戻る