眩しい 焦点合わない47歳女性

眩しい 焦点合わない

大阪府八尾市の47歳女性。2年前から眼精疲労が発症しました。

眩しい・焦点合わない・目の引きつり・涙目などの症状です。

眼科では異常無し、目薬処方ですが効き目がありません。日常生活に支障が出ています。

週1ペースで6回の施術を受けられました。現状は眼精疲労が40%に軽減しています。

日常がだいぶと楽になったそうです。今後はたまのメンテで現状維持出来るでしょう。

 

眩しい 焦点合わないの原因

目は100%自律神経が管理している部位です。

眼科検査で目に異常が無い場合は、眼精疲労は自律神経の緊張が原因で起きています。

目・肩首・頭にはほとんど原因はありません。

体のあちこちに出来た自律神経の緊張を目で感じている症状です。

 

眼精疲労はどこまで改善する

自律神経の緊張はストレスでおきます。

過去のストレスで溜まった自律神経の緊張は取りきると眼精疲労はほぼゼロになります。

しかし現在進行形のストレスがあればその分が最後残ってきます。

この方の場合は60%が過去形・40%が現在形でした。

それでも過去形を取る事で、日常生活に支障がない程度まで軽減すれば良しと考えています。

お悩みの方は「眼精疲労改善専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。眼精疲労に特化した独自療法です。

 

京都 #二三年坂 #藤菜美 #みたらし団子

 

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る