群発頭痛 脳奥の激痛44歳男性

群発頭痛と吐き気がつらい

宮城県仙台市の44歳男性。25歳で群発頭痛が発症しました。周期は2年、群発期は2ヶ月です。

頭痛外来でのMRI異常なし、処方はイミグランの自己注射と酸素です。

右脳の奥に週3〜4回、夜中朝方に激痛が来ます。自己注射はほとんど効かず酸素で楽になります。

吐気が酷くトイレでもどすと吐気は治るが再び頭痛が出て来ます。

1泊2日で5回の集中施術を受けられました。施術2日後から痛みレベルが40%になり3週間後に終息したそうです。

今回2年ぶりに群発頭痛が始まり再訪されました。今回も痛みレベルがさらに下がるでしょう。一緒に改善頑張りましょう。

 

群発頭痛と脳の奥痛

群発頭痛は片側の目奥に激痛が来るのが通常のタイプです。

片側の脳の奥に激痛が来る方が稀にあります。

群発頭痛は体内の特定部位に自律神経の緊張が溜まって起きます。

目奥の激痛を起こす部位・脳奥の激痛を起こす部位は違っています。

 

群発頭痛の対処法

群発頭痛は体内の特定部位に溜まった自律神経の緊張が原因で起きています。

当整体院は特定部位の自律神経の緊張をピンポイントに取り除く療法です。

自律神経の緊張を取る事で群発頭痛の痛みレベルが下がり楽になります。

群発頭痛にお悩みの方は「群発頭痛専科」をご覧下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。群発頭痛に特化した独自療法です。

京都 #城南宮 #巫女神楽 #梅の花守り

上記の内容は医学的・科学的根拠はありません。当整体院が多くの症例から得た独自の考え方です。

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る