薬物乱用頭痛 続く頭痛の対処

頭のつり感が辛い

兵庫県伊丹市の45歳男性。1年前から頭痛が悪化しました。6年前から頭のつり感、引っ張り感が起きパキシル・セニラン・リボトリールなどを多用されて対処していました。

薬物乱用頭痛を避けるために1年前に減薬してから頭痛が悪化。毎日一日中の不快な痛みと不眠に困られて来訪されました。

4回の施術で、頭痛は50%に軽減しています。眠りは深くなったそうです。まだ頭痛は減ります。一緒に改善頑張りましょう。

 

頭痛は良くなります

頭痛に鎮痛剤は必要ですが、多用を続けると薬が効かなくなったり、頭痛が強くなる傾向にあります。病院の検査で異常なければ、その頭痛は脳には原因がありませんので、薬対応では解消しない場合もあります。

当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。

#京都 #錦市場 京漬物 新たくあん

院長のつぶやき

〈薬物乱用頭痛〉

頭痛が薬で治まるならば良しですが、薬を飲んでも再び頭痛が出てくる場合、そのまま薬を多用していると効かなくなったり、頭痛が増えてくる傾向にあります。それが薬物乱用頭痛です。

病院の検査で異常がなければ、その頭痛は脳には原因がありません。体のあちこちに出来た自律神経の緊張が神経を経由して脳に伝達されて起きている痛みです。

溜まった緊張を頭痛として体外に放出して体は楽になろうとしている現象ですので、緊張の放出を抑え続けると体内の自律神経の緊張は徐々に増加して行きます。

自律神経の緊張の増加が限界を超えると、薬の効きが悪くなったり、頭痛の強さが増してきます。このようにして薬物乱用頭痛が起きていると考えています。

この様な場合は、体のあちこちにできた自律神経の緊張を取り除くことで頭痛は沈静化して行きます。

薬は効果が無くなる半減期の時間があります。この方の飲まれていた薬は半減期が10時間以上あるものばかりですので、長時間抑える効果がありますが、同時に体内の緊張が長時間放出されないために、徐々に緊張の蓄積は増加して行きます。

頭痛にお薬は必要ですが、半減期の短い鎮痛剤が適切ではないかと考えています。長時間抑える半減期の長いお薬を、長期間使用するのはあまり好ましくないのではと思います。

薬名:半減期で検索するとおよその半減期時間が判明します。今飲まれているお薬の半減期を調べてみて、適切なお薬の使い方を自分で模索することも大切です。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

 

頭痛、片頭痛は病院の治療薬、予防薬、漢方薬の対処法では治らない場合が多く、原因はストレスと言われています。マッサージ、ツボ指圧、ストレッチの治し方で改善しない場合は、頭痛専門外来の当整体院が有効です。片頭痛の症状をチェックして原因部分に適切な対処を行います。吐き気、めまい、肩こり、不眠、眼精疲労、生理痛、PMS、気圧雨頭痛、閃輝暗点も一緒に軽減します。片頭痛、緊張型頭痛で尼崎、神戸、西宮、姫路からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る