円錐角膜の専用コンタクトが痛い

愛知県名古屋市の33歳男性。14歳で円錐角膜が発症しました。1年前から目の痛みが悪化しました。

デスクワークでパソコンを見ると目が痛みだしコンタクトを外さないと治りません。

仕事に支障が出て円錐角膜コンタクト痛で来訪頂きました。

1日2回の集中施術、2週間経過観察して目の痛みは70%に軽減しました。

2回目の集中施術、2週間経過観察して50%に軽減しました。

今日3回目の集中施術です。さらに軽減するでしょう。一緒に改善頑張りましょう。

 

円錐角膜痛とは

円錐角膜という症状自体は、ほとんど眼の痛みを伴いません。

視力が極端に出ないため専用のコンタクト装着が日常に必要です。

しかし、コンタクトを装着すると眼の痛みが出る場合があります。

これを当整体院では「円錐角膜痛」と名付けております。

 

円錐角膜痛の原因と対処法

眼の痛みは、自律神経の緊張が原因で起きています。

目だけではなく体のあちこちに出来た自律神経の緊張も大きく関与しています。

当整体院は自律神経の緊張を取り除いて、眼の痛みを改善させる療法です。

お悩みの方は「円錐角膜痛専科」で検索下さい。

マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。円錐角膜痛に特化した独自療法です。

 

京都 #瀧安寺 #つくばい とは茶室の露地に置かれた手水鉢

 

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ ブログランキングならblogram
ページ上部へ戻る