回転性めまい 原因とストレス

頻繁に目がまわる

京都市の32歳女性。 1ヶ月前からめまいが発症しました。回転性めまいが日常生活で頻繁に起きます。寝返りや洗面でもクラっときます。 耳鼻科の検査では異常無し、メニエールでもないとの診断で特に治療はなしです。困られて来訪頂きました。

4回の施術でめまいは治まりました。これで元の様な辛さには戻らないでしょう。

 

めまいは良くなります

めまいは耳鼻科や病院の検査で異常なければ、脳や耳には原因がありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。めまいに特化した独自療法です。

#京都 #毘沙門堂 紅葉

院長のつぶやき

〈めまいの原因〉

めまいは基本的にストレスが原因で起きています。ストレスとは頭の中で考えるネガティブな思考です。ストレスは自律神経を通して体のあちこちに緊張を作ります。ですので人はだれでも自律神経の緊張を徐々に蓄積しながら歳をとります。

自律神経の緊張が蓄積すると、痛み、こり、不快症状として感じる人が3割ぐらいです。残りの7割はあまり感じない方ですが、自律神経の緊張が蓄積することが老化です。

日々のストレスによる自律神経の緊張は体のどこかに蓄積しようとします。この方の場合は、痩せたいという事で食事を制限されています。その上に1年前から筋トレを熱心にされる事で、手足の筋肉に自律神経の緊張が蓄積して行きました。

自律神経の緊張は常に中枢神経を通して脳に伝達されています。それを耳で感じればめまい、脳で感じれば頭痛、目で感じれば眼精疲労、肩首で感じれば肩首のこりになります。

この様な場合は、体に蓄積した自律神経の緊張を減らして上げると辛い症状は軽減して行きます。緊張をすべて取り除かなくても、限界値以下に減らすと症状は治まります。

自律神経の緊張は年月をかけて蓄積しますので、一旦減らすと蓄積するのに月日がかかりますので、元の様なめまいに戻ることはありません。

人はだれでもストレスを溜めながら生きている生き物です。そのストレスをストレス食い、ストレス飲み、過度な運動などで体に蓄積して心身のバランスを保っています。ですので過度な食事制限やきつい運動はさけて、食べたいものを食べて適度な運動ぐらいにされるのが良いのではないかと考えています。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

 

めまいの種類は、ふわふわとグルグルの回転性があります。原因はストレスと言われ、三半規管の異常で起きます。耳鼻科での耳石対処法や治療で治らない場合は当整体院が有効です。めまいの原因を調べて適切な対処を致します。ふらつき、吐気も一緒に改善します。めまい、メニエールで大阪、名古屋、神戸、奈良からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る