ひどい肩こり改善の声 京都女性

こりが悪化した

京都市の26歳女性。10歳の時から肩こり首こりが発症。就職後に悪化したそうです。眼精疲労、頭痛も一緒に抱えています。マッサージに通いますがすぐにコリは戻ってしまいます。

  • 2015年5回の施術で日常生活に支障ない程度に軽減しました。(この時に施術の感想頂きました。)
  • 2019年メンテに来訪。肩首こりは良い状態を維持出来ています。

肩こり首こりは一度改善すれば、元の様なこりに大半の方は戻ることはありません。

 

肩こりは良くなります

マッサージに通ってもすぐにこりが戻る場合は、肩や首にこりの原因はありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「肩首こり専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。肩こりに特化した独自療法です。

改善喜びの声

 

院長のつぶやき

〈肩こりの対策〉

肩こりには2種類あります。ひとつは重労働・激しいスポーツによる筋肉疲労で起きる肩こりです。この場合はマッサージ・指圧など筋肉にアプローチするとコリが消えて、再び起きなくなります。プロの選手がマッサージを受けるのは有効です。

もうひとつの肩こりは、筋肉疲労ではなくストレスから来る自律神経の緊張や内蔵疲労から来るこりです。この場合は肩首には原因がありませんので、マッサージ・指圧をしてもその時だけでやがてコリは戻って来ます。

現代人の肩こりのほとんどは、後者の肩首などの筋肉には原因のないケースです。この場合はどの様な対処をすれば良いのかをブログしてみたいと思います。

ストレスや内蔵疲労から来る肩こりの場合は、マッサージ・指圧を繰り返すと悪化しますので直ちにやめましょう。対策は軽いストレッチ、ぬるいお風呂に肩までつかる、コリの部分を優しく撫でる、過食過飲をしている場合は少し控えるなどです。

この様な対策では如何ともし難い場合は、体に蓄積した自律神経の緊張や内蔵疲労を取り除く必要があります。これは自分では出来ませんので、やはり専門にまかせるしかありません。

当整体院は、体のどこに自律神経の緊張や内蔵疲労があるかを検査法で詳細に調べて、原因部分にピンポイントにアプローチして取り除く療法です。一度しっかりと取り除くと、大半の方は元の様なこりには戻りません。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

肩こり、首こり、首痛、肩甲骨痛は病院治療、マッサージ、ツボ指圧では中々治らない症状です。ひどい症状を完治する治し方を探して大阪、兵庫、名古屋、滋賀からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る