子供頭痛続く 改善の声 京都高2男子

毎日片頭痛

京都府長岡京市の高2男子。高1から頭痛が発症、高2になって悪化しました。毎日おでこ、こめかみに片頭痛が起き、学校を休みがちです。

  • 2016年 6回の施術で頭痛は支障ない程度に治る。(施術の感想を頂きました。)
  • 2017年 少し頭痛が増えて1年間に3回の施術を受けられました。
  • 2018年 この1年間は頭痛は起きなかったが、頭がモヤモヤするで1回の施術を受けて治まりました。

ほぼ1年間頭痛はなく、頭に不快感が1度出た程度ですので、これで元の様な頭痛に戻ることは無いでしょう。

 

子供頭痛は良くなります

子供頭痛は当整体院の施術で縮小して、日常生活に支障がない程度を維持できる様になります。

お悩みの方は「子供頭痛専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。子供頭痛に特化した独自療法です。

施術の感想

2016年6回の施術後に頂いた感想です。

 

院長のつぶやき

〈子供頭痛はなぜ縮小する〉

子供頭痛は当整体院の施術を重ねると縮小して行く症状です。ではなぜ縮小するかについてブログしてみたいと思います。

前提に、病院の検査で脳に異常なければ、その頭痛は体のあちこちに出来た自律神経の緊張が神経を通して脳に伝達されて起きている症状です。

自律神経の緊張は例えて云えば、地球の中のマグマの様な存在です。マグマは常に熱や水蒸気を出しています。それが溜まると火山爆発が起きます。

これと同様に、自律神経の緊張(マグマ)から出るエネルギーが溜まると、脳に伝達されて頭痛(火山噴火)として放出されている症状なのです。

当整体院はこのマグマ(自律神経の緊張)を減らす療法ですので、大元のマグマ(自律神経の緊張)が減れば起きる噴火(頭痛)も減って行きます。

この方の場合も、6回の施術でマグマが減ったので、10ヶ月ほどは気にならない程度の頭痛でしたが、やがて徐々にエネルギーが溜まって頭痛が増えて行きました。

ここで1年間に3回の施術で、さらにマグマ(自律神経の緊張)を減らしましたので、その後はたまのモヤモヤ感程度になったという説明になります。

子供の頭痛は、やる気や集中力を減退させますので、なるべく頭痛を減らして上げることが一番です。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

 

子供の頭痛は、頭痛が続く、頭痛が頻繁、薬が効かないなどの特徴があり、病院や小児頭痛外来では中々治り難い症状です。子供の頭痛を治す治療法を探されて大阪、奈良、名古屋、兵庫からもお越しです。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る