肩こり 揉んではいけません 大阪の女性

40代で肩こり悪化

大阪市の46歳女性。10代から肩こりが発症しました。40代になって悪化しています。この6年間月2回でマッサージに通っています。最近は強もみをしても肩こりが取れない状態です。最近は眼精疲労、頭痛も起きています。

4回施術で肩こりがレベル6ぐらいに軽減しています。マッサージ歴が長い方は施術回数がかかります。根気よくお越し下さい。

 

肩こりは良くなります

肩こりは、肩や首には原因はありません。マッサージ・指圧などでは肩こりは消えることはありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「肩首こり専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。肩こりに特化した独自療法です。

院長のつぶやき

〈マッサージは辛さを増やす〉

肩首のこりはマッサージ、指圧で解消するのか?その辺りをブログしてみたいと思います。

肩こり首こりを抱えている場合、マッサージ・指圧に通われる方も多いと思います。確かにマッサージ指圧をすると肩首が軽くなります。それで通われるのですが、果たしてこり解消が出来ているのでしょうか。

多くの方は、マッサージ指圧で数日~数週間は肩首が軽くなりますが、時間経過でこりは戻って来ます。それを続けているとやがてもっと強く揉まないと効果が感じれなくなります。これはこりが悪化している証拠です。

こりの根本原因は体のあちこちに出来た自律神経の緊張です。自律神経の緊張は常に神経を通して脳に伝達されています。神経の緊張を脳で感じれば頭痛、目で感じれば眼精疲労、耳で感じればめまいになります。この全身の神経の緊張の集まってくる通過地点が肩首です。

こりは肩首に原因があるわけではなく、体のあちこちに出来た自律神経の緊張を首肩で感じている症状です。肩首をもめば一時的にその通り道をブロックするので少し軽くなりますが、ブロックして押し戻した緊張で体のボルテージは上がって行きます。

神経の緊張のボルテージが上がると、強く揉まないと効き目が無くなります。さらにボルテージがあがると頭痛、眼精疲労、めまいなどの症状も追加されて起きる様になります。

こりの根本的な解消は、体のあちこちに出来た自律神経の緊張を取り除くことです。当整体院は体のどこに自律神経の緊張があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。マッサージ・指圧・骨格矯正では無くならないこりの方は、当整体院をお試し下さい。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

 

 

肩こり、首こりの原因はストレスによる筋肉の緊張と言われており、治す方法が難しい症状です。病院、肩こり外来での湿布薬治療や解消方法としてのマッサージ、ツボ指圧、カイロ、足つぼ、肩甲骨はがし、ストレッチで治らない場合は当整体院が有効です。肩こりの原因をチェックして適切な解消法を行います。ストレートネック、頚椎ヘルニアの診断でもこりは解消できます。頭痛、めまい、吐き気、自律神経系の症状も一緒に改善します。マッサージ機、筋トレはお薦めしません。肩こり、首こり、首痛で大阪,神戸,奈良,京都からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る