頭痛は気にならなくなります 京都の男性

MRIは異常なし

京都府向日市の38歳男性。30歳から頭痛が発症しました。こめかみから頭痛が始まり頭全体に広がる痛みです。週2〜3回起き鎮痛剤があまり効きません。病院のMRI異常無しです。

  • 2017年 4回の施術で気にならない程度になり終了。
  • 2018年 60%の頭痛が出て来て3回の施術で気にならない程度になり終了。
  • 2019年 首のこりで2回の施術。頭痛は軽く気にならない程度を維持出来ています。

ほとんどの頭痛は施術を重ねると、やがて日常生活に支障無い程度に落ち着きます。

 

頭痛は良くなります

病院の検査で異常なければ、その頭痛は脳には原因がありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「頭痛改善専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。頭痛に特化した独自療法です。

院長のつぶやき

〈頭痛が改善する理由〉

頭痛が改善する理由、その辺りをブログしてみたいと思います

病院で検査しても異常が見つからないのに、薬をもらっても頭痛が減らないのに本当に頭痛が改善するのか?それも整体で?そんな疑いを抱く方は多いと思います。

まずは頭痛がなぜ起きるのかを簡単に説明してみます。頭痛は体のあちこちに出来た自律神経の緊張が原因で起きています。体のあちこちに出来た自律神経の緊張は、神経を通して常に脳に伝達されています。

伝達された緊張を脳で感じれば頭痛です。目で感じれば眼精疲労、耳で感じればめまい、肩首で感じれば肩首のこりになります。

自律神経の緊張はストレスの蓄積で出来てきます。ストレスとは頭の中で考えるネガティブな思考ですので、だれでもストレスは蓄積しています。蓄積しても痛みとして感じる方は3割ぐらいです。頭痛持ちはこの3割に該当する方です。

ストレスは体のあちこちに自律神経の緊張として蓄積しますので、今のストレスも頭痛には関与していますが、今までに溜まった自律神経の緊張の方が圧倒的に多いのです。

過去に溜まった自律神経の緊張は取れば取っただけ減ります。ですので頭痛は大半のケースで改善します。ただ頭痛がゼロになるかというとそれは人によります。それでも過去に溜まった自律神経の緊張を取り除くことで、少なくとも元の様な頭痛には戻りません。

この様な理由で、施術を重ねると頭痛は改善します。ただし自律神経の緊張は少しでも体に刺激を入れると取り除くことは出来ません。自律神経を整えますという治療院が増えていますが、筋肉、骨格、体感にアプローチする療法ならば薬と同じ対処療法ですので根本的な頭痛軽減は難しいでしょう。

当整体院は自律神経の緊張を取り除いて、根本的な頭痛改善が可能です。お悩みの方は当整体院をお試し下さい。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

 

 

頭痛、片頭痛は病院の治療薬、予防薬、漢方薬の対処法では治らない場合が多く、原因はストレスと言われています。マッサージ、ツボ指圧、ストレッチの治し方で改善しない場合は、頭痛専門外来の当整体院が有効です。片頭痛の症状をチェックして原因部分に適切な対処を行います。吐き気、めまい、肩こり、不眠、眼精疲労、生理痛、PMS、気圧雨頭痛、閃輝暗点も一緒に軽減します。片頭痛、緊張型頭痛で奈良、神戸、大阪、名古屋からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る