首痛が改善!病院治療効果なし 京都亀岡市38歳男性

首が回らない

京都府亀岡市の38歳男性。1年前から首痛が発症しました。首が後ろに曲がらない、左右に向けないという症状です。たまに後頭部に頭痛も起きます。

整形外科で頚椎ヘルニアとの診断で、物理療法、理学療法、ブロック注射など受けるがあまり改善感が出ません。困られて来訪頂きました。

2ヶ月かけて4回の施術で首痛は治りました。今回7カ月ぶりにメンテに来訪。首痛は良い状態を維持できています。

 

首痛は良くなります

病院での治療を受けても改善しない場合は、その首痛は首には原因がありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「肩首こり専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。首痛、首こりに特化した独自療法です。

京都 #日栄軒 #生菓子 「こぼれ萩」

院長のつぶやき

頸椎ヘルニアは病気ではなく、首の異常な状態を表した症状と考えています。頸椎ヘルニアは首の周りの筋肉の緊張がアンバランスを起こして、首の骨を変形させておきる現象です。

頸椎の骨が悪いわけではありません。首の周りの強い緊張を取り除くことで頸椎は元の正しい湾曲に戻って痛みが消えます。

そこで整形外科では首に原因ありとして治療が行われます。首の牽引、温熱療法、電気刺激、ストレッチ、首へのブロック注射などです。しかし効果が出ないことがあり、その場合は首には原因がありません。

体のあちこちに出来た自律神経の緊張を首で感じている症状です。この方の場合は、肩甲骨・背中・腰の自律神経の緊張と内臓系の疲労が原因で起きている首痛でした。ですので首に色々な治療をしてもあまり効果が出ません。

この様な場合は、原因場所の自律神経の緊張を取り除くことで、首の緊張が和らぎ首痛が治まって行きました。首肩に色々な治療をしても改善感が無い場合は、違うアプローチが必要です。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例からの体験談です。)

 

 

 

 

 

首痛はストレスが原因と言われ、治し方が難しい症状です。首の右、左、後ろの痛みで、首の後ろの骨が痛い、上を向くと首が痛いという場合もあります。病院での薬治療、ストレッチ、マッサージ、ツボ指圧、ヨガ、体操などで改善しない場合は当院が有効です。首痛の症状をチェックして原因を特定して適切な対処を致します。急な首の痛み、頭痛にも対応しております。首痛、寝違い、ギックリ首で京都市、城陽市、長岡京市、宇治市からも来訪頂いております。

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る