肋骨が痛い 診断は肋間神経痛

肋骨がズキンと痛む

大阪府堺市の46歳女性。 1ヶ月前から肋骨痛が発症しました。脇腹から背中にかけて発作的にズキンと痛み、寝返りでも痛みが出ます。 病院のCT検査は異常無しで診断は肋間神経痛です。鎮痛剤と湿布の処方ですが痛みは消えません。

4回の施術で気にならない程度に軽減しました。ここで一旦終了として当分様子を見て頂きます。たぶんこれで元の様な辛さには戻らないでしょう。

 

肋骨痛は良くなります

肋骨の痛み、肋間神経痛は病院の検査で異常なければ、病気ではありません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「肩首こり専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。肋骨痛、肋間神経痛に特化した独自療法です。

#京都 #生菓子 「栂尾」

院長のつぶやき

病気や外傷などが原因でない、肋骨の痛みは原発性肋間神経痛と呼ばれています。医学的にもストレスが原因とされています。鎮痛剤や湿布で治まれば問題ありませんが、治まらないと病院では対処の仕様がなくなります。

当整体院では、肋間神経痛は肋間筋や肺周りの自律神経の緊張が筋肉を硬直させて起きていると考えています。自律神経の緊張は主にストレスが原因で起きます。

ストレスは頭の中で考えるネガティブな思考です。ストレスがかかると体は自律神経を通して体内のあちこちに緊張を作り出します。ストレスが続くとやがて徐々に緊張は蓄積して行きます。その蓄積が限界を越えると3割ほどの方が痛みとして感じる様になります。

この方の場合は、肋骨周りに自律神経の緊張が徐々に蓄積して、限界を越えて肋間神経痛を起こしていました。緊張の蓄積をしっかり減らすことで改善が進みました。

多くの痛みは、過去に蓄積した自律神経の緊張が起こしていますので、一旦取り除くと、再び蓄積するには年月がかかります。しっかり緊張を取り除けば、元の様な痛みが再び出てくることはありません。

肋間神経痛が薬治療などで改善しない場合は、この様な新たなアプローチをお薦めします。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例経験からの院長体験談です。)

 

肋間神経痛、肋骨の痛みは病院の薬治療では中々治らない症状です。痛みの完治する治療法を探されて、京都、神戸、奈良、滋賀からも来訪頂いております。

関連記事

営業カレンダー

当整体院所在地(ギャラリーカトビル4F)

ツイッター

インスタグラム

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る