大阪 しびれ改善 腕全体が痺れる 枚方市46歳女性

椅子に座ると痺れる

大阪府枚方市の46歳女性。1ヶ月前から手先〜腕にしびれが発症しました。デスクワークで椅子に座ると、手先が痺れ始めてやがて腕全体に広がります。整形外科での検査では異常無し、困られて来訪されました。

週1で3回の施術で、現状痺れは40%に軽減しています。痺れは手先だけになり、腕までは広がらなくなりました。あと2〜3回の施術で気にならない程度に落ち着くでしょう。

 

しびれは良くなります

頚椎ヘルニア、ストレートネックの診断でも、手術をすぐにしましょうという状況でなければ、その痺れは腕、首には原因のない症状です。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「肩首こり専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。しびれに特化した独自療法です。

#京都 #行願寺 本堂前の常夜燈

院長のつぶやき

腕手先のしびれは、頚椎ヘルニア、ストレートネックという診断でも、即手術を薦められず様子見の場合は、頚椎や首肩腕には原因のない症状です。

しびれの原因の大半は、内蔵に蓄積した自律神経の緊張が原因で起きています。首の牽引、首肩のマッサージ指圧、低周波治療などは避けることをお薦めします。

なぜならば首肩に刺激を入れると自律神経の緊張は高まり悪化することがあります。または違う場所にしびれが移動して違う辛さを起こす場合があるからです。松井医師の著書「首は絶対にもんではいけない!」にも詳しく記載されています。クリックしてご覧下さい。

内蔵が原因といっても、内臓が悪いわけではありませんので、検診では異常は見つかりません。内蔵を揉んだり、指圧したりするのは危険ですのでなさらないで下さい。

原因部分の内蔵といっても広範囲ですので、当整体院ではどこに自律神経の緊張があるのかを適確に検査法でしらべて、原因部分にピンポイントにアプローチしますので、確実な軽減感が出て来ます。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例からの体験談です。)

 

 

しびれは病院の治療では中々治りにくい症状です。しびれの治し方、完治する治療法を探されて、大阪、神戸、京都、奈良からも来訪頂いております。

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る