腰痛が改善 立ち上がりで痛い 滋賀 大津市76歳男性

腰痛が悪化している

滋賀県大津市の76歳男性。1年前から腰痛が発症しました。徐々に悪化しています。毎日、腰骨の上辺りが立ったり座ったりで痛みます。整形外科の検査では異常無く治療はなしです。困られて来訪されました。

4回の施術で腰痛は20%に軽減しています。日常生活に支障ない程度ですので一旦終了としました。これで元に様な痛みには戻らないでしょう。

 

腰痛は良くなります

腰痛は体の中に必ず原因があります。腰だけが原因とは限りません。当整体院は体のどこに原因があるかを検査法で詳細に調べて対処する療法です。

お悩みの方は「腰痛専科」をご覧下さい。マッサージ・ツボ指圧・骨格矯正・鍼灸治療ではありません。腰痛に特化した独自療法です。

京都 #和雑貨 猫ちゃんのポーチ

院長のつぶやき

腰痛は腰椎の変形による、ヘルニアや脊柱管狭窄だけが原因ではありません。内蔵疲労、肩甲骨、背中、腰、足の筋肉の緊張なども大きく関与しています。

この方の場合は、内蔵疲労が大きく関与していました。50代までお酒を浴びるように飲まれていたそうです。5年前からは糖尿病が発症して毎日インスリン注射をされています。

内蔵は自律神経が100%管理していますので、内臓の疲労は自律神経の緊張として徐々に蓄積して行きます。その蓄積が限界を越えると痛みとして感じる方が3割ぐらいおられます。この方もそのケースです。

内蔵といっても広範囲ですので、どの内臓の疲労が腰痛を起こしているかを独自の検査法で調べて、原因部分にピンポイントにアプローチすることで確実な改善感が出て来ます。

内蔵疲労(自律神経の緊張)は年月をかけて蓄積したものですので、一旦痛みが出ない所まで蓄積を減らす(施術平均5~6回)と大半の方は元の様な腰痛に戻る事はありません。腰痛でずっと治療に通っているという場合は、その時その時の対処療法ということになります。

病院の治療、マッサージ、指圧、骨格矯正で中々良くならない腰痛の場合は、新たなアプローチが必要です。

(このブログは、医学的科学的根拠はありません。多くの症例からの体験談です。)

 

 

腰痛は働き盛りに多い症状で、慢性化する場合も多くあります。病院での薬治療、体操、ストレッチ、筋トレ、マッサージ、ツボ指圧で改善しない場合は当整体院が有効です。症状をチェックして原因を特定して適切な対処を致します。ヘルニアの診断があっても、がんなどの病気が原因でない限りは腰痛は良くなります。腰痛、坐骨神経痛、股関節痛で大阪、京都、奈良、神戸からも来訪頂いております。

関連記事

ブログランキング

にほんブログ村 病気ブログ 頭痛・片頭痛へ にほんブログ村 健康ブログ 目の健康へ
ページ上部へ戻る